消化器の機能について

消化器の基本的な機能について

くすりエクスプレス

消化器は口から肛門までの管のことを言います。口から食道、胃、小腸、大腸などの順番に食物が流れていき、長さが9mにも及びます。食物を消化して、栄養分を窮する働きを持っています。

 

消化の働きを助けるのが、蠕動運動と言うわれる消化器自らが起こす動きであり、これは脳からの命令によって手足のように動かされるものではありません。

 

消化器はひとつながりの管のような形をしており、中は空っぽの臓器です。厳密には、体の外界とつながっているために、環境的には外部環境の延長線上にあるといえます。そのために外部の環境に状態が左右されやすい構造となっています。

 

寒い日になると、お腹の調子が悪く感じることが多いのは、この環境が原因で起こっているのかもしれません。また、ウィルスなどの細菌などが入り込みやすく、消化できないものが侵入してくると、対応できなくなるので、消化器自体を保護する目的で、うつ側は粘膜で覆われています。

 

食べ物は、まず口の中で咀嚼されて細かくされます。次に胃の中で擦り合わされることによってより細かくされます。小腸で吸収できる栄養素を取り入れ、大腸で水分を吸収します。

 

消化器の基本的な機能は、消化液の分泌・消化・運動・吸収などの働きによって行われており、この作業は連続して行われています。

 

 

このページの先頭へ戻る